プラセンタを実感するためにはいつ飲むがいい?

多くの方がわからないと質問をよせる一つに「いつ飲んだら良いのか?」「効果を感じるためにいつ飲んだらよいのか?」というのがあります。
誰もがプラセンタを摂取したことによって効果を感じたいと思うのは当然のことではないでしょうか?

ベストな時間

そこでこのページではいつプラセンタを飲むのがおすすめなのか、そのベストタイミングを紹介していきます。

 

ベストタイミングは?と聞かれその答えは、ずばり就寝前の30分から1時間前といえるでしょう。

 

人間の細胞は約60兆個の細胞からなっています。
その細胞のうち、1兆個の細胞は新陳代謝によって古い細胞が再生して新しい細胞になったり、傷ついた細胞を修復します。
この新陳代謝を活性化させるためには成長ホルモンが深く関係してくるといわれていますが、分泌を促すためにも睡眠が重要なポイントになります。
睡眠時にこれらの細胞の再生や修復が行われているのです。

 

そしてこの睡眠時に合わせてプラセンタサプリを飲むことが効果を高めるタイミングとして、期待できる最もベストだと言われています。

 

 

プラセンタと関係が深い成長ホルモンとは?

成長ホルモンと聞いて多くの方がわかるのが、子供に関係するホルモンだということではないでしょうか?
ですがこの成長ホルモン、子供にはもちろんのこと私たち大人にも必要なホルモンなのです。

 

成長ホルモンは別名「ヒト成長ホルモン」と言われるものです。
脳下垂体前葉から分泌されるホルモンで、このホルモンが名前のごとく私たちの体を作り上げ維持してくれるものなのです。

 

成長ホルモンの大きな役割としては骨や筋肉を作ることや代謝作用があるといわれています。
代謝作用があるということは大人の身体にとっては、その作用が若々しい体を作るということなのです。
成長ホルモンの分泌そのものは13歳から18歳ぐらいまでが分泌のピークと言われています。
そして20歳のころから徐々に分泌が必要量だけになってしまうのです。

 

そのため成長ホルモンを必要量だけではなく、それ以上に分泌させることで若々しい自分を維持していけるということなのです。

 

骨や筋肉を作る役割においても同じ事がいえるでしょう。
やはり成長ホルモンの減少において、骨ももろくなり骨折しやすくなったり、筋肉も衰えていきます。
これらはいわゆる老化現象に関係してくるのです。

 

だからこそ成長ホルモンの分泌を促していくことが若さを保つための必須条件になっています。
ではいったい減少していってしまう成長ホルモンの分泌をどのように促していけばいいのでしょうか?

 

そこで関係してくるのが睡眠なのです。
睡眠時間が同じ時間摂っていても、その就寝時間が違うと睡眠の質は変わってしまいます。

 

成長ホルモンが分泌されるのは「睡眠時」と運動をした3時間後といわれています。
睡眠時に成長ホルモンが分泌されるというのは有名な話かもしれませんが、そんな睡眠の中でももっとも分泌量が多い時間が22時から2時までの4時間なのです。
いわゆる「ゴールデンタイム」です。

ゴールデンタイム

新陳代謝を促す成長ホルモンの分泌を高めるためには

 

ゴールデンタイム中で、就寝してから1時間以内

 

最も分泌が高まるといわれています。
この時間にいかに睡眠できるか、また質の良い睡眠をとるかによって成長ホルモンの分泌量が変わってくるといえるわけです。

 

ではそのゴールデンタイムを挟んで長時間の睡眠時間がいいのか・・・というとそれはちがうのです。
というのも長時間の睡眠も、逆に短時間の睡眠もどちらもメタボになりやすいという研究結果が出ています。
もっとも適した睡眠時間は7〜8時間といわれています。

 

睡眠負債ってな〜に?

平成27年度国民健康・栄養調査によると、日本人の短時間睡眠がここ数年で増加傾向にあるという結果が出ました。
1日の平均睡眠時間が6時間未満の人が多く、睡眠時間の確保が困難になっているのが現状です。
その理由に男性は「仕事」、女性は「育児」「家事」があげられています。

 

29か国中、韓国についで2番目に短い睡眠時間であるのが日本です。
そこで生まれた注目のワードが、「睡眠負債」
睡眠負債とは、日々の少しの睡眠不足がまるで借金のように(負債)積み重なっていき、それが蓄積していくことで、体にも心にも、そして脳までにも影響を及ぼしてしまうということです。
この睡眠負債を解消しようと、休日にたくさん睡眠時間をとってもOKにはならないのが睡眠なのです。
逆に寝だめをすることでリズムが崩れてしまい、睡眠の質が悪くなってしまいます。

 

睡眠負債で起こりうるダメージは
免疫力の低下
集中力の低下
イライラする
意欲がなくなる
肥満や心臓病のリスク増加
などがあげられます。

 

睡眠負債を抱えないように、日々の就寝時間を少しずつでも増やしていくことがおすすめです。

 

※参考資料 厚生労働省HPより

 

つまりゴールデンタイムを挟んで7〜8時間ということは22時に就寝して5時や6時に起きることが一番ベストといえるのです。
量より質ということなのです!!!

 

そんな成長ホルモンの分泌促進をすると期待できるのが、プラセンタ効果です。
ベストなタイミングこそゴールデンタイムの1時間から30分前といえるのです。

 

ベストな飲み方ってどんな飲み方?

飲むタイミングについてはわかったと思いますが、では今度はベストな飲み方について説明します。

 

プラセンタサプリの飲み方についての記載にもあるように水やぬるま湯で飲むことをお勧めします。

 

プラセンタサプリをアルコールと一緒に飲むこと有効成分が分解されてしまう恐れがあるので避けたほうがいいでしょう。

 

そして今まで読んでいて疑問に思った人がいるかもしれません。
「なぜ食後ではないんだろう・・・」と。
それにはわけがあります。

 

食事をした後の体内での動きが関係してきます。
食べ物を分解するために胃酸がでています。
食後30分から1時間ぐらいは胃酸の分泌量も多く食べ物の消化に大忙しです。
でもそんなときに薬のようにプラセンタサプリを飲んでしまうとその胃酸によってプラセンタ成分が分解されてしまうのです。
それでは飲んでも効果を感じることはできません。
ですから胃酸がないときがいいので、食後ではなく就寝前が一番適切ではないでしょうか。

 

日ごろの生活のリズムとして食後すぐに就寝するといった方も見えるかもしれませんが、プラセンタサプリを飲む場合にはほかの時間にずらしたほうがいいかもしれません。
やむなく昼間などに飲む場合は逆に食事の前1時間から30分前がいいでしょう。
プラセンタサプリを飲んでその時間でだいたい消化・吸収することができるからです。
先にも述べましたが食事の前でもすぐすぎては結局吸収される前に胃酸によって分解されてしまうので気を付けましょう。

 

また多くのプラセンタサプリがカプセル状のものです。
多めの水やぬるま湯でしっかりと飲み切らないと、のどにくっついてしまったりするので、たっぷりの水、ぬるま湯で飲むことをおすすめします。

水や白湯がいい

飲む量も規定量というものはプラセンタサプリにはありません。
それぞれのプラセンタサプリによって目安の量というものがあります。
あくまでも目安なので自分の体調に合わせて量をかえてもいいでしょう。
ほとんどのプラセンタサプリにおいて1〜2錠となっています。

 

プラセンタサプリに頼りすぎて過剰摂取しないように気を付けなければなりません。
なんでもそうですが、早く嬉しい症状を感じたいからといって摂りすぎ、やりすぎはだめです。

 

目安量の中で量を多めにするぐらいにしましょう。
そして嬉しい症状が安定してきたら、サプリの数を減らしても大丈夫です。

 

どれくらい飲むと効果が現れる?

飲むタイミングも気になるところですが、もう一つ気になる点はどれくらいのむと効果が現れるのか気になるのではないでしょうか?
やはり飲むからには早く効果を感じたいとおもうのがふつうでしょう。
はっきりといつ効果がでるということはできません。
というのも、効果の感じ方は人それぞれだからです。

 

小さな変化も効果と感じる人もいれば感じない人もいます。
だからこそいつとは断言することはできません。
ですが多くの方は2〜3か月飲み続けることによって効果をかんじているようです。
早い人では飲んだ次の日に体の軽さを感じるなどの効果が現れている人もいますし、日々飲み続けていていつの間にか体の軽さを感じる・・・などという場合もあります。

 

プラセンタ効果を感じるためには摂取する種類によっても変わってきます。
プラセンタの注射の場合がもっとも効果を早くしっかり感じることができますが、だれでも手に入れることができるプラセンタの中ではプラセンタドリンクがサプリよりも早く効果を感じることができるかもしれません。
ただドリンクであってもサプリであってもいえることは継続することです!!!
効果を感じることができたからといってやめてしまってはまた最初に逆戻りです。
そのため飲み続けていくことは大事なことなのです。

 

プラセンタドリンクやサプリの場合は薬と違って健康食品扱いなので飲み続けても副作用などの心配もほとんどありません。
なのでアンチエイジングや健康維持など日々の自分の管理のためにプラセンタを飲み続けることをお勧めします。


トップページ ランキング おすすめサプリ