プラセンタに副作用はある?ない?

プラセンタの素晴らしさについて多くの方が知識を深めて頂けたと思いますが、そんな中不安視する声も聞かれます。
多くの方が毎日のように摂取することになるプラセンタサプリ、体内に毎日のように取り込んでいいのだろうか?副作用って何があるの?と疑問に思っている方がいます。

 

 

というのもやはりプラセンタの原材料といえば胎盤という臓器です。
臓器が原材料となっている以上、不安に感じる点が多くあるようです。
そこで今回はそんな皆様の疑問にお答えすべきプラセンタの副作用について説明していきたいと思います。

 

プラセンタの成分を分析すると、大部分がタンパク質で他の栄養成分も含まれています。
それらの栄養成分の中には、なかなか日常生活では摂取していくことが難しい成分もあったり、不足していく成分があります。
年齢によって減少してしまう成分もあるため、体内での産生が困難となるとどうしても外からの摂取が必要となります。

 

ここで一番声を大にして言いたいのが薬のように飲んでいるプラセンタですが薬ではないということです。
プラセンタは薬ではなく健康食品になります。
そのため見た目は薬の形状をしていますが、病気の治療を目的とする機能表示は認められていません。
医薬品と違い、エビデンス(科学的証明)も乏しいのは事実ですが、多くの現代の人たちはサプリに頼っている生活を送っています。

 

プラセンタサプリは、体に何かを感じるまでが穏やかであるため、急激な体調の変化などが起きにくいとされています。

 

注目を浴びるようになって20年もの年月がたっているプラセンタですが、今現在までに重篤な副作用の報告は受けていないと厚生省も発表しています。
もちろん100%安心です、副作用がありませんとは言い切ること困難です。
個人差があるので、違う要因が重なってしまったことで何かが起きてしまうということも考えられるからです。
ですが副作用が出やすいというものではなく、多くの人が愛用しているサプリこそがプラセンタサプリなのです。

 

薬とプラセンタサプリは違うもの?

薬の言葉を反対にして読むとリスクとなります。
つまり薬を服用していると何かしらのリスクがあるといわれますが、上記でも述べたようにプラセンタサプリの場合は副作用が出にくいとされています。(個人差あります)

 

 

プラセンタには医薬品のように起きている状態を治す・・・といった作用ではなく、そのようにならないように予防する、または促すといった作用が期待されます。
また治療ということではなく症状を緩和していくということに期待がもてるでしょう。

 

プラセンタの場合は、細胞に働きかけることによって体の内部から元気になるとpらセンタサプリの愛飲者からの評判です。
プラセンタサプリを飲んだからと言って、その日の1〜2時間後に効果が出てくるといった薬のような強い作用はほとんどありません。
穏やかにゆっくりと作用を促してくれるとされています。
サプリには薬に含まれる医薬成分が配合されていないためです。

 

しかし美容や健康に対してうれしい症状を期待してプラセンタを飲んだところ、体内に入れる事によって「体に異変が現れた」等の口コミを見かけることがあります。
やはりこれって副作用では・・・と心配になられる方も多いのではないでしょうか?

 

普段の食事でも食品と体質によってはアレルギーなど症状があるように、まれに体に合わないという方はいます。
どのサプリメントでも言えることですが、食品アレルギーなどお持ちの方は原材料を確認してから飲むことをおすすめします。

 

気になる症状は副作用ではない?

そうは言っても気になるのが副作用と感じてしまうようないつもと違う症状、これが現れてしまうと慌ててしまいますよね。
そんな気になる症状として

  • 生理周期が今までと違う
  • 出血量が変わった
  • ニキビができた
  • 腹痛が起きる

 

などがプラセンタを摂取し始めると起こりうる症状とされています。

 

これらは副作用…ではないと考えられています。

 

プラセンタ成分を摂取することで身体の機能が正常化される過程で起こりうる症状だからです。

 

新陳代謝が良くなったことやホルモンバランスが正常化してきたなど、今までのサイクルを正常にしようとすることで体が反応しているようです。
ほとんどの人は、自分の体調や症状を見ながら、そのまま飲み続けていき量やサイクルで調整をしながら継続しているのが現状です。

 

これらの症状は「好転反応」の一種で、調整反応ともいわれます。
一時的なものがほとんどで、本来の身体を正常な状態に戻す働きによって出る反応です。

 

例えばニキビがができてしまったという件ですが、大きく関係しているのがプラセンタの作用の一つである、新陳代謝の活性化があげられるでしょう。
新陳代謝が良くなることによって肌の老廃物や毒素を排出するために肌が反応しているためにニキビや吹き出物ができてしまうと考えられます。
一時的なものなので徐々に改善に向かっていくことが多いようです。

 

※これらの症状が必ず好転反応であると断定することはできません。
あくまでもプラセンタサプリを摂取することでこれらの反応が出ることがあるかもしれないという認識を持ってください。

 

 

ただしここで注意すべき点もあります。
あまりにもひどく症状が出てしまった、プラセンタサプリを摂取することでむくみがひどくなった、アレルギーが出てしまったなどがあった場合はサプリの摂取を中断しましょう。
ひどくなる前の場合でも、サプリの場合は量や日にちを調整することができるため自分の体調を見ながら摂取することをおすすめします。
そして万が一ひどくいつもと違う症状や体調になってしまった場合は、医療機関の受診をおすすめします。

 

また薬を常時服用している人は、担当の医師の指示に従うようにしましょう。
そして医療機関で「何か常時服用している薬はありますか」と聞かれた時は、プラセンタサプリを摂取していることを告げましょう。
どんなサプリであっても、治療にあたるための薬との組み合わせなどが関係してきますので、忘れずに伝えましょう。

 

プラセンタ注射に副作用はある?!

プラセンタ注射の場合は記事の中でも書いたように、原材料となっているのが人間の胎盤です。
動物よりも人間のほうが安全では?と思う人もいるかもしれません、実は同じ人間同士のほうが危険があり、副作用も報告されています。

 

プラセンタ注射にはメルスモンとラエンネックの2種類があります。
更年期障害の治療目的として使われているメルスモンは、重篤な副作用の報告は今のところないようです。
肝機能障害の治療薬として用いられるラエンネックでの副作用が報告されています。

 

  • 薬害性肝障害
  • 劇症肝炎(重度の肝炎)
  • 注射部位の腫れ
  • アナフィラキシーショック
  • 黄疸

 

重篤な副作用として報告されています。

 

厚生省は感染症の疑いが否定できないことから、プラセンタ注射をしたことある人の献血禁止を通達しているように、感染症になるかもと思っていたほうがいいかもしれません。
ラエンネックのほうで副作用が出ているのは、プラセンタ注射だからこその副作用なのかもしれません。
プラセンタ注射は静脈に直接接種するため、血液にのってそのまま肝臓に行ってしまいます。
そのためラエンネックという薬物が肝臓に影響を与えすぎてしまうのです。
結果、目の白目が黄色になる黄疸が出てしまうのです。

 

このような副作用が報告され、現在では直接静脈に打つプラセンタ注射を行っているクリニックや医院はほとんどなく、筋肉注射か皮下注射のプラセンタ注射になっています。
美容に対してもうれしい結果に期待ができるプラセンタ注射ですが、よくその特性を知る必要があるでしょう。

 

サイト管理人は、多くの看護師にプラセンタ注射についていろいろと話を聞き、勉強をして記事を書いています。
だからこそ、プラセンタ注射ではなく、プラセンタサプリをおすすめするのです。

 

実感したいからプラセンタサプリをたくさん摂取していい?

プラセンタサプリの場合は医薬品のように、1回の摂取量が定められていません。
あくまでも目安量として記載がされています。

 

 

1日のプラセンタ摂取量は300〜500mgで十分とされています。
サプリによっては飲み始めのころは多めに摂取することをすすめているサプリもあります。
そして徐々にサプリの量を減らしていくようにすすめています。

 

また年齢によっては、サプリの量をやはり多めに摂取すべきであるとするサプリもあります。
どの摂取方法が自分に合っているのかを見極めて摂取を継続するといいのではないでしょうか?

 

注意すべき点は、サプリの過剰摂取です。
実感を早くしたいから、または欲張ってしまいつい目安量よりも大幅に超えてしまう量を摂取してしまうと、それがきっかけで体に異変が起きてしまうことが否定できません。
過剰摂取によって、アレルギー反応がひどく出てしまうこともあったりとおすすめはできません。

 

あくまでも摂取するサプリの目安量を参考にして毎日飲み続けていくことをおすすめします。


トップページ ランキング おすすめサプリ